夢は、教師から歯科医師へ

院長あいさつ高校生の頃は、自分も兄が目指していた小学校の教師になりたいと思っていたので、歯科医師になるつもりはまったくありませんでした。高校3年生のとき、看護師だった叔母に医療関係の仕事を勧められたこともあり、進路を熟考しました。叔母からの進言をきっかけに改めて自分の将来を考えるようになり、思い至ったのが歯科医師でした。

また両親によると、私自身は覚えていませんが、小学生の頃には「歯医者になりたい」と言っていたそうです。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております