院長あいさつ

院長あいさつ

くらたに矯正歯科のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。院長の倉谷豪です。

一般的に矯正という言葉を聞くと「歯並びをよくする」「見た目をよくする」というイメージがあるかもしれません。しかし、矯正治療のメリットは見た目をよくするだけではありません。歯並びを整えることで、むし歯や歯周病の予防にもなるのです。また、患者さんの"心"を変えることができるのも矯正治療の大きな特徴です。

当院では、子どもから大人まで幅広い年齢層の矯正治療を行っています。大人の方で装置が見えることに抵抗がある方は、舌側矯正装置による裏側治療を行うことも可能です。また、歯並びだけでなく「あごが歪んでいる」「下あごが出ている」などの症状も外科的矯正で対応します。矯正相談は無料で行っていますので、歯並びが気になる方はお気軽にご相談ください。

夢は、教師から歯科医師へ

院長あいさつ高校生の頃は、自分も兄が目指していた小学校の教師になりたいと思っていたので、歯科医師になるつもりはまったくありませんでした。高校3年生のとき、看護師だった叔母に医療関係の仕事を勧められたこともあり、進路を熟考しました。叔母からの進言をきっかけに改めて自分の将来を考えるようになり、思い至ったのが歯科医師でした。

また両親によると、私自身は覚えていませんが、小学生の頃には「歯医者になりたい」と言っていたそうです。

患者さんとのつながりに魅力を感じた矯正治療

院長あいさつはじめから矯正治療に興味があったわけではありません。大学時代の勉強だけでは矯正のことがよく理解できず、もっと詳しく知りたいと思って大学院に進んだのが、矯正専門の歯科医師を目指すきっかけとなりました。

ほかの歯科治療と違って、矯正治療は患者さんと長く関わります。そのため、たとえばお子さんなら小学生から中学生、高校生へと成長する過程を見守ることができます。そんなほかの科目にはない患者さんとのつながりに魅力を感じました。

大学院を修了したあとは、岡山大学で教官助手を5年半勤めました。この時期に数多くの臨床に携われたことが、現在の歯科医師としての土台となっています。その後、一般開業医で1年間ほど勤務医として働き、平成17年に当院を開業しました。

これからも患者さんの"心"を変える矯正治療を

院長あいさつ私の出身は博多区なのですが「南区はファミリー層が多いため、お子さんからお年寄りの方まで幅広い世代の歯列に関するお悩みに携わることができる」と思ったのがこの地に開業した理由です。おかげさまで、親子揃ってご相談いただくこともたくさんあります。

矯正治療は、口元を美しくするだけでなく、患者さんが抱えるコンプレックスを解消し、心を豊かに、そして前向きに変えることができます。あるお子さんの治療後に、お母さんから「今まで笑わなかった子がよく笑うようになりました」とメッセージをいただきました。とてもうれしく、矯正専門の歯科医師になってよかったと思えた出来事の1つです。

これからも矯正治療によって、口元はもちろん、人生観や生活の質を変えるようなお手伝いができればと思っています。歯並びや噛み合わせでお悩みの方は、ぜひご相談ください。

院長プロフィール

院長あいさつくらたに矯正歯科 院長 倉谷 豪

【経歴】
福岡県立春日高等学校卒業
九州大学歯学部卒業
九州大学歯学部にて博士号取得
岡山大学歯学部歯科矯正学講座文部科学教官助手
その後勤務医を経て、平成17年「くらたに矯正歯科」開業

【資格・所属学会】
日本矯正歯科学会会員・同学会認定医
日本口蓋裂学会会員
九州矯正歯科学会会員
歯学博士

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております