Question:受け口ですが、いつから治したらいいですか?

Answer:お子さんの場合、そのままの状態だと下のあごがより成長しやすい状態と考えられます。早期から治療を行うことにより、比較的負担の軽い治療で改善できる可能性が大いにありますので、気になられた時点での受診をお勧めしております。

大人の方の場合は、一般的な矯正治療のほかに下あごの骨を動かすという外科的手法を用いることがあります(保険が適用されます)。しかし、受け口の方全員が外科手術を行うわけではなく、矯正治療だけで改善される場合が多くあり、それは骨格の状態によって異なります。

噛み合わせをよくするため、そして患者さんが持つお顔立ちから美しさを引き出すために、より適した治療法をご提案いたしますので、お悩みになる前に一度ご相談ください。
 

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております