不正咬合の種類

不正咬合の種類

"歯並び"と一言でいっても、人によってその状態はさまざまです。矯正歯科を受診される方の歯並びは、いくつかのケースに分けられます。これらの歯並び以外にも、複合した状態(過蓋咬合と空隙歯列、開咬と叢生などのようにいくつかの歯並びの状態が組み合わさっている)もあることから、歯並び、噛み合わせは、個人個人によっていくつもの異なるパターンがあると言えます。

Case1 上顎前突(じょうがくぜんとつ)(出っ歯)不正咬合の種類
上あごが出ている(出っ歯)状態です。歯が出ている場合、骨が出ている場合、両方が出ている場合があります。


Case2 下顎前突(かがくぜんとつ)(受け口)不正咬合の種類
下あごが出ている(受け口)状態です。歯が原因で上下反対に噛んでいる場合、骨の問題で上あごに対し下あごが前方に出ている場合があります。


Case3 叢生(そうせい)(歯のでこぼこ)不正咬合の種類
歯並びにでこぼこが見られる状態です。歯の大きさに対してスペースが不足することによって生じます。


Case4 開咬(かいこう)不正咬合の種類
前歯や奥歯が噛み合っていない状態です。食べ物を噛み切れなかったり発音に影響が出たりする場合があります。

Case5 過蓋咬合(かがいこうごう)不正咬合の種類
前歯の噛み合わせが深い状態です。下の前歯が上の前歯の内側の歯ぐきを噛んでいる場合もあります。


Case6 空隙歯列(くうげきしれつ)(すきっ歯)不正咬合の種類
歯と歯の間に隙間がある状態です。歯の大きさが原因で生じる場合、噛み合わせによって生じる場合などがあります。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております