矯正治療の保険適用について

保険適用

通常、矯正は自由診療(自費)となりますが、以下の場合は保険が適用されます。

(1)別に厚生労働大臣が定める疾患(唇顎口蓋裂、鎖骨頭蓋異骨症、クルーゾン症候群、ゴールデンハー症候群、トリチャーコリンズ症候群、ピエールロバン症候群、ダウン症候群、ラッセルシルバー症候群、ターナー症候群、ベックウイズヴィーダマン症候群、尖頭合指症など)に起因した咬合異常

(2)外科的矯正治療:上あごと下あごの位置の不調和(あごの歪み、骨格性の受け口など)の改善に手術が必要となる場合

※(1)は指定自立支援医療(育成・更生医療)機関、(2)は顎口腔機能診断施設の届出を行っている医療機関でのみ保険適用となります。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております