外科的矯正治療は成長が止まってから

外科的矯正子どもの噛み合わせは成人より不安定です。そのため、ちょっとした拍子にずれた位置で噛み合わせができてしまい、その位置に合わせてあごが成長してしまうことがあります。この場合、成長が終了した段階で前後的左右的にずれた骨格や顔ができ上がってしまいます。

噛み合わせのずれは成長の段階で治療することが理想ですが、成長が止まるまでどの程度までずれているのかわからないこともあります。そのため、当院で外科的矯正治療をお勧めするのは、成長が止まる10代後半ぐらいになってからです。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております