【目立ちにくい矯正治療】裏側矯正(舌側矯正・リンガル矯正)

リンガルブラケット裏側矯正とは、リンガルブラケットと呼ばれる装置を歯の裏側に装着して治療する方法です。矯正装置を裏側につけるため見た目では矯正中とわからず、審美性を気にする患者さんに人気です。また、ご要望に応じて上あごだけ裏側の矯正装置をつけるハーフリンガル矯正も行っています。

<裏側矯正のメリット>
・周囲の人に気づかれにくい
・普通の矯正装置とほぼ同じ結果が得られる
・幅広い年齢層の方が装着可能

<裏側矯正のデメリット>
・話すときに舌が当たって発音しにくい
・表側の装置に比べて費用と診療時間がかかる傾向がある
・装置が歯の裏側についているため歯みがきが難しい

●ハーフリンガル矯正とは
上あごの歯に裏側の矯正装置、下あごの歯に表側の矯正装置をつける治療方法です。一般的に上あごの歯のほうが下あごの歯よりも前に出ている傾向があるため、上あごの装置を裏側につけることで目立ちにくくなります。また、すべて裏側矯正にするよりも治療費を抑えられるというメリットもあります。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております