矯正認定医が経験を踏まえた質の高い治療をご提供します

当院の院長は日本矯正歯科学会の認定医です。豊富な経験と技術力で、理想の歯並びを実現します。

矯正認定医

一般的な歯科医院では、むし歯・歯周病・矯正・審美など、さまざまな歯科診療を行っています。それは、国家試験に合格して歯科医師の免許を得た者ならば、歯にまつわるすべての治療をしてよいと法律で定められているからです。そのため、ほとんどの方は歯科医師であればどんな治療でもできると思っているのではないでしょうか。

しかし、矯正治療は歯科診療の中でも少し特殊な分野です。矯正治療には何年もの時間がかかることもあり、特にお子さんの場合は将来の体の発育まで予測して診断する必要があります。だからこそ、矯正治療を行うには専門的な知識や技術が必要なのです。

矯正認定医とは矯正認定医
日本矯正歯科学会の認定医制度は、矯正歯科医療の水準を維持し向上を図ることにより、国民に適切な医療を提供するために行われています。そのため学会では、矯正治療に関して適切かつ十分な学識と経験を有するものを「学会の認定医」としています。

日本矯正歯科学会認定医とは、学会の会員歴が5年以上で、学会指定研修期間における所定の修練を含めて5年以上にわたって相当の矯正歯科臨床経験を有し、学会の認めた刊行物に矯正歯科臨床に関連する報告を発表し、認定医審査に合格したことを証明するものです。

認定医は5年ごとに認定の更新が必要で、認定期間5年以内に所定の研修ポイントを獲得の上、学会が認めた刊行物または学術集会において矯正歯科臨床に直接関係する報告を行うことが必要とされています。

日本矯正歯科学会ホームページ

最新の矯正技術を習得

矯正認定医基本に忠実でありながら、新しい技術を取り入れて患者さんに提供することが歯科医師としての使命です。そのため、当院の院長は矯正認定医でありながら、今でもセミナーや研修会に参加し、技術の研鑽に努めています。

その中で出会ったのがインビザラインです。インビザラインは透明なマウスピース型の矯正装置であるため周囲に矯正していることを気づかれにくく、また取り外しができるので衛生的です。

インビザラインの詳細はこちら

矯正治療といえば、銀色の装置を歯につけて周りの目を気にしながら生活を送らなければいけないというイメージがどうしても先行しがちです。しかし、治療方法も装置もどんどん進化しています。当院はそんな最先端の治療技術をいち早く取り入れ、矯正期間中も患者さんが快適に過ごせるように取り組んでおります。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております