重度の受け口やあごの歪みなど、外科的矯正にも対応します

信頼できる口腔外科と連携し、通常の矯正治療では難しい症例でも保険適応の外科的矯正で美しい口元に生まれ変わります。

外科的矯正

一般的な矯正治療は、歯を適切な位置に動かすことによりさまざまな不正咬合を改善できますが、あごの歪みや下あごが出ているなど、上あごと下あごの骨の位置の不調和の改善はできません。このような場合は、外科的矯正治療によって改善を図ります。

外科的矯正治療とは
外科的矯正とは、手術を併用した矯正治療です。矯正歯科と口腔外科もしくは形成外科が連携し、術前矯正(手術前に行う矯正治療)、あごを適切な位置に移動するための手術、術後矯正(噛み合わせを安定させ、緊密にする)の流れで治療が行われます。

通常の矯正治療は保険が適用されませんが、外科的矯正治療の場合は、顎口腔機能診断施設の届出を行っている医療機関でのみ健康保険が適用されます。

大学病院や専門医院との連携でしっかりサポート

外科的矯正当院の院長は日本矯正歯科学会の認定医ですが、設備の関係上、外科的矯正を行うには限界があります。外科的矯正を行う必要がある場合は、当院で診査・診断を行った上で、提携している大学病院や専門医院へご紹介します。

もちろん、そのまま任せきりというわけではありません。治療後のメンテナンスやケアは、当院で責任を持って行います。ひどい歯並びでお困りの方は、ぜひ一度ご相談ください。

外科的矯正治療は成長が止まってから

外科的矯正子どもの噛み合わせは成人より不安定です。そのため、ちょっとした拍子にずれた位置で噛み合わせができてしまい、その位置に合わせてあごが成長してしまうことがあります。この場合、成長が終了した段階で前後的左右的にずれた骨格や顔ができ上がってしまいます。

噛み合わせのずれは成長の段階で治療することが理想ですが、成長が止まるまでどの程度までずれているのかわからないこともあります。そのため、当院で外科的矯正治療をお勧めするのは、成長が止まる10代後半ぐらいになってからです。

【外科的矯正適応の主な症例】顎変形症

外科的矯正●あごが大きく前に出てしまっている
●あごが大きくひっこんでいる
●あごが左右にずれている
●上下のあごの大きさが合っていない

上記のような顔面の変形や噛み合わせ異常を起こしている症状を、顎変形症(がくへんけいしょう)と言います。治療には外科的手術が必要です。

通常の矯正治療では土台となるあごを動かせません。そのため、出っ歯であれば前歯を内側に倒したり、顔の中心が歪んでいたりしても無理やり並べるしかできないのです。

骨切除手術によって土台となるあごの骨を切る顎変形症の治療を行えば、噛み合わせに無理のない位置に骨を動かすため、あごの骨の位置のずれが軽減します。治療には手術での入院期間が必要となりますが、通常の矯正治療ではできない矯正を可能とします。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております